なか卯のうどんにロカボのうどんがあって驚いた。

ココスにもロカボのパスタが売っていたけれども、まさかなか卯でロカボをやってるだなんて!

安くて早い飯をかっこむっていうイメージのなか卯でロカボっていうのはちょっと合わないよね? 手っ取り早く炭水化物をかき込もうっていうタイプのお店だから、むしろ積極的に炭水化物を選んでいくようなお店だ。そこで糖質を制限するってなんかやってることが逆行しているよ。そういう不自然さを感じる。早速、僕も食べてみたけれども、うどんの麺は思いっきり蒟蒻であった。そして、前になか卯で同じようにこんにゃくの麺を食べたことがあることを思い出した。はっきりとは思いだせないけれども多分坦々うどんだったのではないか。冷たいタイプのうどんだったと思う。そして前食べた時もこりゃないなと思ったように思う。低糖質なのは嬉しいのだけれども味がちょっとこんにゃくすぎる。こんにゃくの食感がもっと普通のうどんに近くなればきっと売れるはずだ。そういう技術は待たれているはずだ。それが実現したらきっと売れる。しっかりとうどんやパスタを食べているのに、それがもしこんにゃくだったら糖質はゼロだ。これは大ヒット間違いなしだ。こんにゃくの食感ではなく、きちんと小麦粉のうどんを食べている食感での糖質ゼロの麺が登場が待たれる。